So-net無料ブログ作成

初ヒッチハイク! 屋久島行っちゃいましょう! ⑦ [ヒッチハイク]

スポンサードリンク




フェリーに乗り、
ようやく屋久島へたどり着いた僕たちを待っていたのは、
溢れんばかりの僕たちの興奮と対照的な
どんよりとした天気だった。


滞在時間が1日しかないということで、
白谷雲水峡コースを選んだ僕たちは、
バスに乗り、白谷雲水峡へと向かった。



登山口で荷物を預け、地図をもらうと、
僕らは2人はまるで小さな子供のようにはしゃぎながら、
「もののけの森」と呼ばれる場所を目指した。



僕たちは何百枚という写真を撮り、
キャッキャ、キャッキャ言いながら
どんどんと道を進むのだが、
地図と実際の距離があまり一致しない。


ここら辺に橋があるはずだ、と思っても距離感が合わないのだ。


しかし、そんなことは屋久島の大自然を目の前にした僕らには全く気にならず、
奥へ行くにつれ、より深まってくる自然に大興奮していた。



30分ぐらい歩いた頃だろうか。


ようやく写真で見た風景が見えてきた!


そう、「もののけの森」にたどり着いたのだ!!!



僕たちは後ろから追い抜いていく他の観光客も気にせずに、
そこで写真を撮りまくった。


30分ほど「もののけの森」を堪能し、
フェリーの出発時間が近づいていたため、
僕たちは帰り道を引き返し始めた。



そう、まさに一通りはしゃぎ終わって
冷静になった時だった。


「何かがおかしい…」
「もののけの森」から引き返す僕らに、
言い知れぬ不安が襲った。


帰路につき10分ほど歩き、
道の確認のため地図を広げた時、
ようやく、そのもやもやした気持ちの原因が分かった。


そう、僕たちが「もののけの森」だと思っていたあの場所と、 実際に書かれている「もののけの森」の場所が明らかに一致しないのだ!


思い返すと、確かにおかしな部分がたくさんあった。


「もののけの森」だと思って写真を撮りまくっていた場所を、
見向きもせずに通り過ぎていく観光客がたくさんいたこと、


地図に書かれているはずの橋がなかったこと、

先に行った集団が、全く引き返して来ないこと・・・


僕たちははしゃぎ過ぎていたあまり、 地図を読み間違えていたのだ!



何もない場所を写真で撮りまくり、
はしゃいでいる青年2人を見た他の観光客は
どのようなことを思ったのだろうか?



考えるだけでも恥ずかしい。



僕たちはフェリーの時間があるため、
再び本当の「もののけの森」に向かうことはできず、
無念の想いを抱えてバスで引き返した。



あまりにも恥ずかしいこの失敗は、
僕ら2人の間の秘密にすると誓ったのだった。


ちなみにお喋りなF君のせいで
話が一瞬で広まったのは、この二日後の話である。




続く。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。